こんにちは。
現在たくさんのスイレンが咲いている「トンボ自然公園」ですが、同じスイレン科のヒメコウホネも見ることができます。


黄色い花弁と長い骨のような茎を持つヒメコウホネは日本の固有種で絶滅危惧種に指定されています。


こちらはハンゲショウ(半化粧)↓



ドクダミ科の多年草で湿地帯に咲きます。
名前の由来は葉の半分ほどが白く化粧をしているように見えることと、現在では毎年7月2日頃、暦の上では夏至から11日目を半夏生といい、その頃に白くなるからとも言われています。


こちらはユリ科のヤブカンゾウ↓
別名ワスレグサ。


ショウジョウトンボも飛び回り夏本番の「トンボ自然公園」です。



次回の更新をお楽しみに。