こんにちは。
トンボ自然公園の睡蓮の開花情報をお届けします。
今日は、奥にある池の睡蓮が綺麗に咲いていました。
   
白い睡蓮は蕾が水面からたくさん伸びており、次々に咲きそうです。
前回は黄色い睡蓮がたくさん咲いていましたが、今日は黄色よりもピンクの睡蓮が目立ちました。
梅雨も明け暑い日が続き、開花時間が早くなっているようです。午前9時30分頃には花は全て開いていました。盛夏の晴天下では、午前7時頃から見ごろとなるようです。
また、睡蓮の花のまわりを、いろいろな種類のトンボが飛びまわっており、心を癒してくれます。

『睡蓮マメ知識』
睡蓮という名称は明るくなると開花し、暗くなると花を閉じてしまうことが由来との説もあるようです。
トンボ自然公園の睡蓮は温帯性で早いものは4月頃から咲き始め、花は開く閉じるを2日ほど繰り返して3日目にはおじぎをするかのように水の中に倒れ込んでいき、また新たな蕾が水面から現れます。咲く順番は、おおむね白、ピンク、黄色の順に咲くそうです。

7月21日(土)の睡蓮の宴、当日は何色の睡蓮が一番きれいに咲いているか楽しみです。