9月19日(土)から9月27日(日)まで、四万十川花紀行の一つ曼珠沙華(まんじゅしゃげ)まつり期間としています。会場となる入田河川敷の様子を9月3日に見に行ってみました。

まだ会場全体を見ても曼珠沙華(彼岸花)は見当たりませんが...


地面をよく見てみるとたくさんの球根が見つかりました。今はほんの少し芽が出ている状態ですが、ここから1~2週間ほどで急速に成長します。
 

中には、早くも茎が伸びて真っ赤な花のつぼみを付けているものもありました。
 

シルバーウィークの初日となる9月19日(土)には、1日限定の野外カフェなどでゆったりとした時間が楽しめる「曼珠沙華まつり」を行います。
曼珠沙華は開花の期間も短いので、ちょうどこの頃に満開になってほしいものです。


その他、会場で所々に見かけたタマスダレの花です。別名レインリリー(雨ユリ)というだけあって、このところのまとまった雨で花を咲かせたようです。